日本百低山の鋸山へ!石切り産業が栄えた港町は現在も魅力的な観光スポット!/鋸山(千葉県)

日本百低山の鋸山へ!石切り産業が栄えた港町は現在も魅力的な観光スポット!/鋸山(千葉県)
Pocket

2018年2週連続3座目の登山に行ってきました。

 

元々の予定では、この日は久しぶりに山友と山に行く予定でしたが、悪天候が予想されたので前日にキャンセルしました。

家でダラダラするかと諦めていたところ、朝10時ぐらいに起きて近くのコンビニにコーヒーを買いに外に出てみると、風は凄かったもののほんのり青空が出ています。

昼過ぎぐらいからは天候も回復するみたいなので、速攻家に戻って山支度を始めます。

せっかくの休みなので、決定と同時に何も考えず荷造りしていました(笑)

 

荷造りしながら場所を考えます。

昼過ぎに到着して簡単に登れてまだ行ったことない山・・・。

・・・。

「そうだ、鋸山に行こう!」

そんな感じで行先を決めてから2分後にはバイクを走らせてます。

 

バイクを走らせてて気付きましたが、悪天候のためにアクアラインが封鎖中です。

こうなるととう東京を回って千葉に入るという大回りのルートしかありません。

そうはいっても仕方ないので、時間はかかりますがそのルートで行きます。

 

そんな感じで千葉県房総半島の『鋸山』に行ってきましたのでご紹介してみます。

 

 

やまのすすめ的、山情報⇒鋸山(千葉県)

 

鋸山(のこぎりやま)は、房総半島の南部に位置する標高329.4mの山です。

山は凝灰岩から成っていまして、凝灰岩は建築などの資材に適している為、江戸時代から盛んに採石が行われていました。

古くは房州石と呼ばれいて、良質石材の産地として意志が資源として切り取られた結果、露出した山肌の岩が鋸の歯状に見えることから、鋸山と呼ばれるようになりました。

正式な名称は乾坤山(けんこんざん)という。乾坤は天地の意味で小林泰彦選の「日本百低山」にも入っている山です。

眺望が素晴らしく、富士山はもちろん箱根山から伊豆半島、丹沢山塊、伊豆大島から東京湾まで見渡すことができます。

 

 

【コースタイム】

 

合計:2時間30分/登り:1時間20分/下り:1時間10分
※休憩時間は含まず

 

【今回の所要時間】

 

合計:2時間31分/登り:1時間13分/下り:1時間18分
※休憩時間は含む(トータル15分ほど)

 

【登山コース】

 

かぢや旅館
↓ 車力道コース
分岐点

鋸山山頂

地球が丸く見える展望台

石切り場跡

分岐点
↓ 関東ふれあいの道コース
かぢや旅館

 

今回は車力道コースで登って鋸山山頂と展望台、そして石切り場跡を見学して関東ふれあいの道コースで下山しました。

地獄のぞきや神社に行くチャンスもあったんですが、道いまいちわからなかったことと、朝から何も食べずに家を飛び出したため、空腹だったこともあり温泉に入ってご飯を食べることを優先して諦めました。

地獄のぞきなどもまわっていたらかなりハードな山歩きになっていたと思いますので健脚者でも十分楽しめる山だなという印象を持ちました。

【登山レベル】

 

初心者向け35%!

1時間ぐらいで山頂到着できるハイキング的な山ですので、このぐらいです。

 

かぢや旅館

 

横浜の自宅からおおよそ2時間ぐらいで到着です。

強風の影響でアクアラインが通行止めだったのが痛かったです。

アクアラインが通行可能だと大体1時間ちょいで到着可能なのでアクセスしやすいですね。

 

家で鋸山の登山口を調べてたら一番最初にかぢや旅館が出てきました。

700円支払うと駐車場として使えるのと日帰り湯の入浴可能になるのでかなり便利な旅館だと思います。

ロープウェイを使う予定でなければ、かぢや旅館に停める事をお勧めします。

スタッフの方も丁寧な接客で、どの方も笑顔で出迎えてくれました。

地獄のぞきと神社には行けていないので、タイミング的に近場で鋸山を選ぶという時は、またこちらにお世話になると思います。

 

あとは、鋸山への地図もいただけるので助かりました。

本当は載せたかったんですが、道迷いしていた外国人のお姉ちゃん二人に挙げてしまいました。

かっこつけて地図をあげたまではいいものの、その影響で僕自身も道がわからなくなり、地獄のぞきと神社方面へ行けなかったという落ちがあります(笑)

 

登山口へ

 

 

 

登山道へはこのような看板がいくつもあります。

登山口や山頂までは迷うことなく歩けると思います。

 

 

 

 

本当は安兵衛井戸・沢コースから登山したかったんですが、登山道滑落で通行止めになっていましたので、車力道コースに変更して登山しました。

 

 

道案内の看板だけではなくて、このような地図と各名所を説明した看板が至る所にあります。

気になるのでこれを見ていたのでコースタイムオーバーしてしまいました。

でもこのような名所看板があると、分かり易くてとても良いと感じました。

 

 

 

車力道コース

 

 

 

ここから車力道コースの始まりで本格的な登山道になっています。

といっても、道はしっかり整備されていますので歩きやすいですよ。

ただ、山道に代わりありませんのでしっかりとトレッキングシューズなど履いて、登山用の服装で登山する事をお勧めします。

 

 

藤が綺麗に咲いていました。

乾徳山は標高高いので花という花はまだなかったんですよね。

登山道でこういう花に出会えるとちょっと元気になります。

 

 

何やら穴が!

防空壕かなと覗いてみますが分かりません。

 

 

少し進むと説明の看板がありました。

 

 

ヒカリモの発生地みたいです。

残念ながらこの時はそれらしき光は見えませんでした。

 

 

 

 

 

 

良い苔発見!

 

 

どうやら、過去石切りが産業として栄えていた時には、石を切るのが男性の仕事で、その石を運んで下すのが女性の仕事だったみたいです。

1日にこの山を3往復もしていたそうです。

重たい石を持っての3往復ですので、昔の人は本当にすごい!

 

 

 

 

 

 

 

 

展望台と鋸山山頂を目指している途中で石切り場跡が見えました。

 

 

 

 

 

鋸山山頂に到着

 

 

 

やっと山頂到着です!

空腹だったからか結構疲れました。

登山のイメージ的には大月にある岩殿山にも似てますね。

 

 

しっかり三角点もあります。

 

 

329.5メートルとは思えないぐらいの労力でした。

ま、でも1時間だからそんなもんかとも思います。

 

 

この時はちょっと曇り気味で展望はそれほどでした。

 

 

 

 

 

 

山頂には人もいなくてゆっくりできました。

気を取り直して展望台と石切り場へ向かいます。

 

地球が丸く見える展望台

 

 

 

展望台に到着です!

富士山から箱根の山、伊豆半島に三浦半島、そして丹沢山塊から東京湾まで大展望が開けていました。

来てよかった~!

 

 

 

 

軽く雲が掛かっていますが、しっかり富士山です。

 

 

 

 

これを見てから。

 

 

景色を見ると分かり易かったです。

 

 

ロープウェイの駅です。

 

 

房総半島の木更津方面です。

今日来てみて思いましたが、ちょっと房総半島をなめてました。

ごめんなさい。

三浦半島ぐらいのつもりでいましたが、もっとめちゃくちゃ広いんですよね。

地図で見ると三浦半島や伊豆半島の倍はあるので当たり前です。

バイクでの走りごたえもありましたし、楽しき房総半島。

 

 

石切り場方面に向かいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

石切り場跡です。

こんなに直角に石を切るってよくできるなと思いました。

人間に知恵はやっぱりすごい!

 

 

 

 

 

 

 

 

地獄のぞきの展望台です。

今こうしてブログ書いてると、やっぱり行きたかったなーと思います。

 

石切り場跡

 

 

 

石切り場跡に到着です。

 

 

 

 

これは何に使ったのだろう?

終了を知らせるような鐘かな?

 

 

 

 

 

 

使い方がわかりませんが、石の採掘に使われたであろう古き機械たちです。

 

 

切断された石の側面に大きく安全第一と彫られています。

今も昔も現場では安全第一ですね。

 

 

 

関東ふれあいの道コースで下山開始

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

車力道コースと関東ふれあいの道コースの分岐地点まで下山完了です。

 

 

 

 

かぢや旅館帰宅!

 

 

温泉もいいお湯でした!

誰もいなかったので写真撮らせていただきました。

内風呂のみでこんな感じの温泉でした。

 

漁師料理 かなや

 

 

 

温泉後にスマホで調べて食事は『漁師料理 かなや』に決めました!

食べログとGoogleの点数がよかったのと近かったことが決め手です!

 

 

温泉と食事処とお土産屋があるみたいです。

 

 

食堂めちゃくちゃ広い!

けど、混雑時は相席になりますの張り紙があるという事は、満席になるんですね。ここが・・。

超人気店のようです。

一通りというか、全部メニューも撮影しておきました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

注文したものは「エイのから揚げ(500円)」と「かなや定食(1,620円)」です。

エイのから揚げは脂がのっていて美味しい!

骨が多くて食べにくさは感じましたが、これで500円だったら安いと思います。

ビール飲みたいぜ(笑)

 

 

かなや定食です。

説明不要の美味しさです。

特にアジは新鮮で美味しすぎました。

 

 

お味噌汁に入れるように促されたやつですが、これがねばねばしていて美味しい!

なんていうやつか名前忘れましたが、また食べたいな。。。

 

そんな感じの千葉県は房総半島の鋸山でした!

山あり海あり。千葉、良いかも。。

帰りはアクアラインの通行止めが解除されていたので1時間ぐらいで帰宅出来ました。

恐るべしアクアライン!

実は明日も休みなので明日は大菩薩嶺に行ってきます!

では、また!

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ

ブログ王ランキングに参加中!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。