初心者でも行ける2000m峰の百名山。休日は山と温泉とほうとうで満喫/大菩薩嶺(山梨県)

初心者でも行ける2000m峰の百名山。休日は山と温泉とほうとうで満喫/大菩薩嶺(山梨県)
Pocket

2週連続で山梨県の甲州へ行ってきました。

やっぱりバイクがあると身軽になります。

今回は百名山でもある山梨県の大菩薩嶺です。

実は去年からずっと行きたかったん山だったんですが、大菩薩峠の登山口までの道が冬季通行止めになるため、通行止めの解除を待っていました。

役所に問い合わせたところ、4/13に通行止めの解除がされるという事でしたので4/16にいきなり行ってきました。

 

大菩薩嶺の登山口はロッジ長兵衛という場所になるのですが、それを知ったのは『mother』というドラマで知ったんです。

そのドラマで小栗旬がロッジ長兵衛に立ち寄るシーンがあるのですが、それで気になりロッジ長兵衛を調べたところ、大菩薩嶺の登山口との情報を知り、そこから大菩薩嶺への登山欲を抑えて抑えて、抑えて5か月間待ってようやく念願かないました。

今回はそんな大菩薩嶺のご紹介をしてみます。

 

やまのすすめ的、山情報⇒大菩薩嶺(山梨県)

 

大菩薩嶺は奥秩父山塊の大菩薩連領と呼ばれる峰々で構成される連領で、その最高峰が大菩薩嶺になります。

深田久弥が大菩薩嶺を百名山に選定する以前から、中里介山の時代小説などで登場していたので有名な山でした。

この山の魅力は何といっても稜線からの展望が素晴らしいとこにあり、大菩薩峠から雷岩にかけては南アルプスの峰々が悠然にそびえたっていて、富士山も凛として佇んでいます。

視線を変えて見下ろしてみると、甲府盆地などの素晴らしい展望台にもなります。

また、標高1500mにある神日川峠のロッジ長兵衛までは路線バスが出ていますので、労力少なく稜線歩きができるので週末は多くの登山者でにぎわう山となっています。

 

【コースタイム】

  合計:3時間25分/登り:2時間20分/下り:1時間5分 ※休憩時間は含まず  

【今回の所要時間】

  合計:3時間25分/登り:2時間19分/下り:1時間6分 ※休憩時間は含まず

【登山コース】

ロッジ長兵衛

福ちゃん荘

大菩薩峠

賽の河原

雷岩

大菩薩嶺山頂

雷岩

↓ (唐松尾根)

ロッジ長兵衛

 

【登山レベル】

 45%!

1500m地点から登りますが緩やかな傾斜なので最初から最後まで楽しみながら歩けます。

 

 

寝坊して7時半出発・・。

 

またしても寝坊しました・・。

7時起床です。

予定では4時起床で5時出発の予定でした。

7時から登り始めて午前中のうちに下山完了するつもりだったのですが・・・。

 

ただ、行かないという選択肢はなかったのでそこから用意して7時半に出発です。

ソロ登山の良いところは、寝坊しても誰にも迷惑かけないところがありますね。

そして、気分が乗らなければいかないという選択もできるので気楽です。

次のブログでソロ登山の魅力を掲載していきますかね。

 

そんなこんなで、寝坊はしたものの、腹ごしらえはしておいた方がいいと判断して、2週連続で談合坂サービスエリアで休憩です。

 

 

そして、こちらも2週続けて同じラーメン屋に入ります。

今日は醤油ラーメンと飯チャーハンのセット(1000円)です。

朝からかなりのボリュームでした。

 

 

そして、この看板が目に留まり、お昼御飯用に1つ購入してみます。

ただ値段がね、、あんぱん一つ237円って。。

この値段設定が安いか高いのかは、後程紹介します。

 

ロッジ長兵衛

 

 

自宅出発からおよそ2時間半後にロッジ長兵衛に到着です。

ちなみに、小栗旬はテラス席に木の椅子に座っていました。

そこで大事な手紙を書いているシーンが印象に残っています。

確かHuluで観たと思うので、気になる方は是非チェックしてくださいね。

 

 

登山開始

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じで案内標識がいっぱいありますので迷う事はないと思います。

ただ、登山には地図は必ず持っていきましょう。

地図があると自身の体力を計算しながら登山することができますのでペース配分的にも楽になります。

最悪、地図がなくてゴールまでの距離がわからないと、途中で体力が尽きて遭難する恐れも考えられます。

 

 

この看板の右側に登山口があります。

あ、あと山小屋のご主人と話していて教えてもらったんですが、この看板はドラマの撮影時にテレビ局からプレゼントされたらしいですよ。

綺麗な看板のほうがこの場所が映えるので新しく作ったのかな?

いずれにしても素敵な看板です。

 

 

 

 

 

 

緩やかな坂道を歩いていきます。

 

福ちゃん荘

 

 

福ちゃん荘に到着です。

大体コースタイム通りの行程でした。

 

 

ロッジ長兵衛も福ちゃん荘も宿泊可能です。

1500mからの星空は綺麗だろうなと思うので一度宿泊して落ち着いた時間を過ごしたい気もします。

 

 

 

 

皇太子様と雅子様がご宿泊されてるんですね。

皇太子様は雲取り山荘にも宿泊なさっていましたので、関東近郊の山は制覇されてるのかな?

ちょっと気になります。

 

 

ポイントポイントにトイレがいくつかありますので、大菩薩嶺登山ではトイレには困らないと思います。

 

 

木々の間から大菩薩峠からの稜線が見えています。

ここから見ると大菩薩峠まで大変に思いますが、緩やかな上り坂を時間をかけて登っていく感じになるので、比較的楽に歩けると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これぐらいの傾斜の道が山頂まで続いてるようなコースです。

 

 

 

 

こちらは道ではありません。

苔が綺麗だったので撮影してみました。

 

 

大菩薩峠まで1時間ちょっと歩きます。

 

 

こういった看板があると分かり易いです。

 

 

これがコメツガですね。

 

 

 

大菩薩峠

 

 

 

超スローなマイペースで歩いてきましたが、コースタイム通りに到着出来ました。

登山をするときは大体最初の1時間は汗をかかずに息も切れない自分のペースでゆーっくり登っていくと体が山になじみますのでその後が楽になりますよ。

 

 

こちらにもトイレがあります。

 

 

 

 

お土産売ってました。

バッチとか手ぬぐいとかクマよけの鈴などが売っています。

もちろん飲み物などもありました。

 

 

晴れ時々曇りの天気予報通りでした。

晴れ時々曇りの曇りの方ですが・・。

ただ、大菩薩峠に到着したら晴れのほうに切り替わりました。

ラッキー☆

 

 

雑誌などで見た景色です。

ここまでくるとあと1時間ほどで山頂です。

 

 

ちょっと曇っていますが、左手には甲府盆地を見下ろしながら歩きます。

 

 

正面と右手には大菩薩連領が続いています。

 

 

 

魅力的な大菩薩峠からの稜線歩き

 

 

 

 

 

 

左に見える湖は大菩薩湖です。

 

 

 

 

親不知ノ頭到着です。

 

賽の河原

 

 

 

賽の河原に到着!

大菩薩峠を過ぎると休憩スポットが無限にあります。

どこで休憩してもいいと思いますが、山頂との中間地点が賽の河原ですので、ここが一番いいのかなと感じます。

 

 

 

 

ここら辺だけちょっと急でした。

 

 

2000m地点にも標識が設置されています。

 

雷岩

 

 

 

雷岩到着です!

 

 

 

 

雷岩からは10分ほど、こんな感じの樹林帯を歩きます。

 

大菩薩嶺山頂

 

 

 

 

 

残念ながら山頂からは景観はありません。

大菩薩峠から雷岩までの間の区間で休憩をしておくといいと思います。

百名山幾つめだろうか?

今度数えなおしてみます。

 

 

どうしてもコーヒー飲みたかったのでバーナー持参しました。

料理しなくても、バーナー一つ持っていくと登山では大活躍できますよ。

2000mの高地で飲むコーヒーは格別すぎて言葉になりません。

ちなみに僕はコールマンのバーナーです。

メーカー推奨では同じガス缶でないといけないらしいですが、何回か試したら大丈夫だったので、好日山荘に行ったときにあったメーカーのガス缶を使っています。

 

 

あと、山登り始めると欲しくなるアイテムがスノーピークマグです。

どんなコップでもいいんですが、気分が全然違います(^^♪

 

 

 

 

そして、気になる談合坂あんぱんがこちら!

 

 

中にはあんことマーガリンが同量入っています。

えーと、かなり美味しい。。

カロリーはめちゃ高めですが、美味しいですよ。

次回登山の時に談合坂サービスエリアによる機会があったらリピートすると思います。

それぐらい美味しいです!

 

唐松尾根での下山

 

 

下山時は唐松尾根から下山することにしました。

天気も曇り気味だし、帰りは早く選りたくなりました。

唐松尾根で下山するとロッジ長兵衛までがコースタイムで55分です。

かなり早いです。

ちなみにこちらのルートで登ってくると、福ちゃん荘から1時間ぐらいで山頂到着出来ます。

でも急登です。

まあ、でも500mぐらいの高低差を歩くぐらいなので登山になれてる人だと楽勝だと思います。

 

ただ、稜線歩きが魅力的な山なので推奨コース通り大菩薩峠経由で山頂に行くのが一番いいですね。

 

 

木々の間から稜線が見えます。

 

 

 

 

福ちゃん爭到着です。

 

 

ロッジ長兵衛発見!

 

 

無事下山完了です。

13時40分につきましたのでギリギリセーフ。

 

 

大菩薩嶺と先週の乾徳山のバッチを購入させてもらいました。

 

 

なんかいいな~。

泊まりたい欲が出てきてる。

快晴の天気予報の時で、混まない日曜から月曜にかけてでタイミングがあれば来ることに決めました!

 

 

今日はバイクでしたが、バスの時刻表です。

 

大菩薩の湯

 

 

 

2週続けて大菩薩の湯に来てしまいました。

こちらは地元産の野菜や果物の直売所があるのですが、僕が来るタイミングだとあまり品数がなくてなかなか購入できません。

山菜のわらびはあったんですが、わらび一袋持ち帰っても使い道がわからない。。。

秋に来ると、桃やぶどうなどがあるんだろうと思うので、何か持ち帰ってみたいです。

 

うどん ほうとう皆吉

 

 

 

またしてもほうとうを食べに来てしまいました。

今回お邪魔したお店は『うどん ほうとう皆吉』です。

食べログで山梨県2位の人気店です。

 

 

こんな感じの外観なので通り過ぎました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

古民家を改装した、おしゃれな感じのほうとう屋さんです。

 

 

30分と書いてありますが、実際待つとやっぱり30分は長かったです。

 

 

 

 

 

 

野菜ほうとう(1200円)と馬のもつ煮(500円)を注文しました。

ほうとうは野菜がホクホクで丁度よい固さで美味しすぎます。

麺は手打ちのもちもちでした。

食べログ上位なのもわかります。

この時は僕以外はもう一組しかいませんでした。

やはり月曜は色々な場所が空いてるからいいですね。

 

 

入り口です。

 

大菩薩嶺登山の雑感

 

週末や休みのたびにこの山が渋滞するほど混む理由がわかりました。

稜線歩きが素晴らしい!

丹沢山から蛭ヶ岳の稜線や奥多摩の雲取山までの稜線なども同じぐらい素晴らしいんですが、大菩薩嶺の場合はやっぱり楽というのが一番大きいですね。

初心者でも来れてしまうのは人気なると思うし、僕自身登山やり始めの時に来たかったと痛烈に思います。

だって最初のころに稜線歩きを楽しむために向かった山が上記の蛭ヶ岳と雲取山でしたから結構ハードでした。

 

多分僕も今後、山を知らない友達などと一緒に登る場合は大菩薩嶺に来てしまうと思います。

この山で登山にはまらなかったら、それはもう仕方のない事だと思えます(笑)

 

とりあえず僕自身、快晴の青空の下で甲府盆地を見下ろしてみたいという山欲が出てきたので、快晴の予報と僕の休みの予定が合えば1泊でロッジ長兵衛に宿泊するという目標ができました。

 

そんな感じの大菩薩嶺登山でした!

では、また!

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ

ブログ王ランキングに参加中!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。