【甲州ほうとう 完熟屋】塩山120年の古民家でほうとうを食す。超隠れ家的穴場スポット発見

【甲州ほうとう 完熟屋】塩山120年の古民家でほうとうを食す。超隠れ家的穴場スポット発見
Pocket

【甲州ほうとう 完熟屋】塩山120年の古民家でほうとうを食す。

乾徳山への登山ツーリングの帰りに寄らせて頂きました。

乾徳山下山後に大菩薩の湯で汗を流し、大広間の休憩室でウトウトしながらちょっと昼寝。

目が覚めてからは食欲がもりもりわいてきたので、食欲を満たすためにスマホを観覧していました。

大菩薩の湯からは15分程のアクセスの良さと、口コミでも高評価でおすすめのブログなどにも掲載されていた為、『甲州ほうとう 完熟屋』に決定。

今回は、甲州で出会った素敵なお店をご紹介させて頂きます。

 

店舗データ

 

店名 甲州ほうとう 完熟屋 本店山梨 
住所 山梨県甲州市塩山赤尾671   
問い合わせ  0553-39-9651
定休日 水曜日(水曜日が祭日の場合は営業) 

 

接客

 

接客はとっても良かったです。

皆さん若さ溢れる元気でさわやかな接客です。

まず初めに大菩薩の湯でスマホ観覧して、そのまま電話で問い合わせたところ、女の子の電話対応が明るくハキハキしていて聴き取りやすく良かったです。

メニューを選ぶ際も総じて感じは良かったです。

メニューの取り方も営業上手でした。

バイクだったのでアルコールは飲めませんし、ドリンクを頼むつもりはありませんでした。

ただ、飲み物を促されてノンアルコールもありますよと言われると、ついつい頼んでしまいます。

まあ、本当に要らなかったら断るんですが、促されたメニューの中にあった『シャルドネ シャンピニョン』が山梨は葡萄の名産地でもあり魅力的に映ったのでそそられてしまいました。

まあ、一つ言うならば、2階にいるであろうお客様の特徴を僕に聞こえるように会話するのはどうかなと感じました。

僕自身が嫌な気分になる程では無いです。

店員さんは皆さん仲が良さそうで和気藹々と楽しそうに仕事しています。

最初の電話対応からお会計後のお見送りまで、心のこもった暖かい接客が好印象でした。

マニュアル化された接客が多い中で、こんな風にスタッフを教育できるのは凄いなと感じながら、帰宅後にこのお店のインスタグラムなどのSNSを拝見していたところ、経営者の方も温かい人柄なんだろうなというのが容易に想像できる内容でした。
こういった個人店に してもチェーン店にしても経営者の気持ちがそのままお店に反映されるわけなので、経営者と言うのはつくづく大事ですね。

僕自身が学生だったらこんなお店でバイトしてみたいなと感じたぐらいです。

 

テレビの取材も結構受けてるみたいですね。

テツ&とものサインもありました。

 

メニュー

 

 

大事なほうとうメニューのところがぼけてしまいました。

 

 

 

 

 

 

メニューは一応、全部写真に収めました。

が、一人での来店で、注文後に全てのメニューをカシャカシャ写真撮っている光景と言うのはちょっと恥ずかしかったです。
ごめんなさい。

 

調味料

 

調味料はこんな感じです。

黒い小さいツボに入った香辛料は手作りらしく、ほうとうがテーブルに来た際に説明を受けましたが、内容を忘れてしまいました。

唐辛子的な辛みの香辛料です。

ほうとうに入れたところ、辛みがいいアクセ ントでとっても美味しかったです。

放蕩の野菜と味噌の甘味に、この辛みがいい具合に合います。

もっとちゃんと聞いておけばよかったです。

 

料理到着

 

『馬刺し(880円)』
しっかり肉の味が旨味として感じられました。
なんていうのか、濃い味です(笑)
馬刺し食ってるって感じられますよ。

白髪ネギとニンニクとショウガが添えられていますので、そちらを添えて一緒に食べます。
酒の肴としては最高の1品だと感じました。

ただ、ビールが飲みたかった(´;ω;`)ウッ…
こればっかりはしょうがないですが、ビールや日本酒に絶対に合います。
甲州産の赤ワインにも合いそうですし、今度来訪した際には、こっち方面に宿泊して居酒屋として楽しみます。

 

 

これがシャルドネスパークリング(350円)です。

葡萄の香りと味がおいしい炭酸飲料でした。

 

『とりにく ほうとう(1,480円)』

鶏肉のコクのある出汁と野菜もカボチャや白菜、キノコ、ニンジン、根菜類などから出る甘みの出汁がオリジナルの秘伝の味噌によく合っていて、鶏肉+野菜+味噌のうまみが上手く調和されていてとってもおいしいです。

ほうとうは手打ちの太麺でちょっと堅めの湯で加減です。

熱いので小さいお椀に移し、ハフハフしながら食べました。

量は多かったのですが、汁まで完食してしまいました。

バイクでの来訪で到着した時には結構肌寒かったので、そんな寒い時には最高ですね。

 

外観

 

今流行りの古民家的な内外装です。
塩山120年の歴史と謳っていますが、120年の歴史を最大限に感じさせながら上手くリフォームされて おり清潔さも感じます。
掃除が行き届いてるのでしょう。

僕自身は個人的に座敷が苦手ですが、1階は全て掘りごたつ式になっていたようでしたので嬉しい部分です。
座敷だと腰と足が痛くなって落ち着けないんですよね。

到着時は夕暮れでしたが、帰る時は夜になっていて、外から中の明かりが煌々と煌めいていて、より一層古民家の魅力が伝わりやすい写真が撮れたのではないかと思います。

こちらの方面に来た際には、食事をする候補の一つとしてリストアップしておくと間違いない良いお店だと思います。
僕も来訪したいなと思っています。
今度の来訪は宿泊場所を確保して居酒屋として利用したいと思っています。
ここのお店を120%楽しむつもりです。

では、また !

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ

ブログ王ランキングに参加中!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。